子育て

我が家のはじめての夏休み「苦戦した宿題」

どうも、カーミィです。
お盆は、お休みだった方もそうでなかった方もいかがお過ごしでしたか。
私は名古屋のレゴランドジャパンに、1泊2日の親子3人旅をしてきました。

さて、お盆が終わると子供たちの夏休みもそろそろ終わる頃ですね!
新学期の準備に、夏休みの宿題が終わっていないと少々焦ります。
今回は、我が家の初めての夏休み「苦戦した宿題」をご紹介。

今時の小学1年生の宿題事情

まだ入学して3ヶ月の夏休みだし、学校の勉強もまだまだ本格化していなさそうだし、小学1年生の夏休みは、ほぼ宿題なんてでないだろう〜くらいに思っていました。

それが、思いのほか「国語算数ドリルに、あさがおに・・・」と量も多く、親の手が必要なこともありびっくりしました。
親子で効率よく終わらせようと思っていましたが、今週末にもやらねばならぬことが待っています。

宿題:あさがおを育てる


あさがおの鉢を持ち帰り育てる。観察日記を書く。押し花をする。タネをとる。
いや〜そういえば30年前の私の時代にもありました!
すっかり記憶からなくなっていましたが、子供の鉢をみて思い出しました!

そしてこの宿題の問題は「あさがお様」を枯らさずに2学期に持っていくことです。
枯らさないためには、マンションのベランダ+エアコン室外機ありという過酷な条件を乗り超え、毎日の水やりがかかせないことです。

この猛暑のなか1週間家を空けた場合、水やりなしでは枯れてしまいます。
お盆期間をどうするか迷った結果、今回はマンションの管理人さんに水やりをお願いしました。
お願いするのは申し訳なかったのですが、自分の小さい頃を思い出すわ!と、快く引き受けてもらい感謝。
管理人さんの協力を得ながら無事、今もイキイキと育っています。

宿題:絵日記「夏の大ニュース」


絵日記は100文字程度の文章と、クーピーで絵を書きます。
我が家はお盆休みにレゴランドに行く予定があり、これを描こうと話していました。

娘は自ら紙を折って絵本を作ることが好きで、これは楽しんで書くのかなと思っていました。
で・す・が・ま・だ・は・く・し・です。

頭の中はまだファンタジーのようで、自分が想像した世界を作りたい様子。
とは言っても、「実際に行った場所について書く」という経験を、週末に子供のモチベーションをあげながら書かないとです。

夏休みの宿題を経験して


30年ぶりに子供と夏休みの宿題を経験し、あれ?30年前に私が経験した宿題とあまり変わっていないじゃない?!というのが一番の思いでした。
変わらない普遍的な教育も必要ですが、もう少し進化していてもいいのかな?と!

子供には学校では体験できない、多ジャンル先生からたくさんの体験をさせてあげたいと改めて感じました。
そんな思いを叶えられる場所『kidsweekend(キッズウィークエンド)』!!!!
こどもの学び体験を検索・予約がカンタンにできます。

kidsweekend (キッズウィークエンド)
https://www.kidsweekend.jp/
ラインに友達登録で最新情報をゲット!

まだまだ体験できるコンテンツは少ないですが、これから選び放題のコンテンツを提供できるよう成長させていくので、サイトをのぞいてみてくださいね〜

では、楽しい毎日を!

ABOUT ME
カーミィ
kidsweekendのクリエイディブ担当。一娘の母。 主にデザイン・アート・子供とデジタル・steamを中心に執筆。その他の記事はこちら