ひとりごと

小さなきっかけが生んだ物語

人と人がどこかで繋がった時に生まれるふとしたきっかけ、小さいかもしれないそのきっかけが何かとてつもない大きな物語を生むこともある。

 

今からするお話は、一つの善意をきっかけに繋がった少年と男性が生んだある物語である。

 

『1909 年の秋のことでした。

 

イギリスの都ロンドンは、

 

この日も一日中濃い霧に包まれていました。

 

 アメリカのイリノイ州シカゴからロンドンに来た出版業のウイリアム・ボイス氏は、

 

市の中心部で、ある事務 所を探していましたが、道がわからなくて困り果てていました。

 

そのとき霧の中からひとりの少年が近づいてきました。

 

「何かお役に立つことがありますか?」と少年は言いました。

 

事務所がわからなくて困っていることがわかると、少年は先に立って、その事務所までボイス氏を案内しました。

 

ボイス氏は、アメリカ人の習慣で、少年にチップをあげようと、ポケットに手を入れました。

 

しかし、ボイス氏がチップを取り出す前に、少年は勢いよく右手を挙げて敬礼をしました。

 

「僕はボーイスカウトです。今日も何か良いことをするつもりでいました。お役に立ててうれしいと思います。 スカウトは他の人を助けることで、お礼はもらいません。」
と少年は言いました。

 

少年からボーイスカウトのことを聞いたボイス氏は、用事を済ませてから、
少年にボーイスカウトの本部まで案内してもらいました。

 

ボイス氏が少年の名前を聞く前に、少年はもう姿を消していました。

 

イギリスの本部でボーイスカウトのことを詳しく調べたボイス氏は、アメリカに帰って大統領のタフト氏に話をし、やがて、アメリカでボーイスカウト運動が始められたのです。

 

その少年はどうなったのでしょう。

 

その後は誰も知りません。

 

しかし誰も知らないこの少年の小さな善行が、アメリカのたくさんの少年に、ボーイスカウトを伝えるもとになったのです。』

 

この少年の小さな善意によって生まれたきっかけがアメリカにボーイスカウトとアメリカ連盟という組織を誕生させ、
1億人以上の子どもたちに居場所を作ったのだ。

 

Kidsweekend、生まれたばかりで今はまだ小さいプラットフォームだけれど、いつの日か、子どもたちと子どもに関わる人たちに多くのきっかけを生み出すプラットフォームになっていって欲しいなと思う。
いや、きっとそうなるはずなんだ。
ABOUT ME
kenichirokomatsu
kidsweekendでは主催イベントでの撮影や動画編集など、エンジニアらしいことは何もしていないエンジニア。