体験レポート

体験レポート:こども向けテックキャンプ「Viscuit親子ワークショップ」で、初めてでも簡単に動く絵本がつくれた!

こんにちは、SERIです。
うだるような暑さが続く毎日、ついつい外出するのも億劫になってしまいますね。

そんな暑さの中、8月4日に早稲田大学で行われたこども向けテックキャンプ「Viscuit親子ワークショップ」に参加してきました。

プログラミング体験が初めてのこども達でも夢中になり、次々と面白い作品が産まれました!こどもたちの吸収力と想像力に驚きの連続です!

今回は、その様子をレポートします!

早稲田大学のキャンパスで「Viscuit親子ワークショップ」開催!

灼熱の太陽が照りつける8月4日、早稲田大学のキャンパスで、こども向けテックキャンプ「Viscuit親子ワークショップ」が開催されました!

外は危険なほど暑い日でしたが、会場はいつもは大学の講義が行われている教室。

涼しくて快適、気分も上がります!

会場の雰囲気は、こんな感じ。

先生は、早稲田大学理工学部の鈴木遼先生。

Siv3というプログラミング言語の開発者であり、プログラミングに興味をもったこども達に、楽しく学べる環境をつくりたいという、熱い先生です!

世界一簡単なプログラミング言語「Viscuit」とは?

「Viscuit」とは、プログラミング言語の一つで、世界一簡単な言語と言われるほど、初めて触るこどもでも簡単に使うことができるツールです。

ビスケットはとても簡単なプログラミング言語です。 メガネという仕組みたった一つだけで単純なプログラムからとても複雑なプログラムまで作ることができます。 仕組みは単純ですが組み合わせ方が様々なので複雑なことができるのです。
出所:Viscuit公式HP(https://www.viscuit.com/)

画面はこんな感じ。

画面が左右に分かれています。

左が、絵の動きを確認する画面、右が、動きの指示を出す画面です。

使い方は、とっても簡単!

Viscuitの使い方
Step1: PC上で絵を描く
Step2: 右側にあるメガネ部分に、絵を動かす指令を出す
Step3: 絵が動き出す!

自分で書いた絵が、突然動き出す不思議体験に、子供だけでなく、大人もすっかりハマっているご家族が続出でした!

ワークショップの内容

今回のワークショップは、全3時間。

Viscuitの使い方説明から、実際に自分だけのオリジナル作品を作るまで、以下の流れで進みました。

本日の流れ
  • Viscuitの使い方説明
  • 4つの課題作品をつくる(約2時間)
  • 自分の作品をつくる(約1時間)

まず、使い方の説明を受けたら、早速、課題に取り組みます。

– 本日の課題作品 –

  • 海の中の魚たち
  • あぶない宇宙旅行
  • かぜをひいた町
  • じゃんけんの戦争

題名からは、具体的にどんなものをつくるのか想像がつかず、ワクワクがとまりません

Viscuitには、色々な技があり、この4つの課題作品が終わる頃には、基本的な動きをマスターし、自分でどんどん作品を作れるようになります!

先生の説明を聞いて、早速、自分の作品づくりに没頭するこども達(と親達!)
彼らの眼差しは、真剣そのもの!

マウスが必要なく、タッチだけで作品を作ることができるので、小学生以上のお子様なら十分操作できると感じました。

できあがった作品たち

作品を作るのにかかった時間3時間!
そして、出来上がった作品がこちら

作品1:筋肉むきむき体操

これは、自作の筋肉ムキムキマンキャラクターが、バーベルまで歩いて行って、バーベルを何度も持ち上げ運動するお話。どうやっやら、バーベルを上下させられるか、悩みながら頑張っていました!

作品2:くまさんの動く絵本

この作品は、今年小学校1年生になったばかりの女の子が完成させた「動く絵本」です
くまさんが、カゴを持って、りんごを取りに行き、うさぎさんにリンゴを渡して、お家に帰る、という自分で作ったお話を動く絵本にしました。

Viscuitだと、こんな独創的なお話に、自分で動きをつけることができちゃいます!

また、その他の子の作品は、こちらから見ることができるのも、Viscuitのいいところ!
他の人の作った作品をヒントに、新しい動きやアイデアを学び、自分の作品に取り入れることができます!

Viscuit公式HP
https://www.viscuit.com/

早稲田大学オープンキャンパスも同日開催!

この日は早稲田大学のオープンキャンパス開催中!
早稲田大学の応援団が大隈講堂をバックに、進学を目指す高校生に熱いエールを送っていました!

ものすごい熱気!そして、人・人・人!

都の西北〜、懐かしい!

最後に

3時間のデイキャンプでしたが、途中、休憩を挟むものの、こども達は飽きずに作品作りに没頭
やはり、楽しいことをする時の時間は、あっという間!

まだやりたい!というお子様の声も多く、その後も自宅でViscuitを続ける子が多いようです。
我が子も、一週間たったいまでもViscuitで作品を作り続けています!

初めてのプログラミング体験におすすめです

次回は、開催の際はKidsweekend上でも告知します!

>>会員登録はこちら

ABOUT ME
SERI
kidsweekendを運営する会社の代表をしています。5歳と8歳の娘の二児の母です。